サイト内検索

残りの雪 ‐くらがり同心裁許帳 (七)‐

・病の床に伏した妻がありながら、無実の罪を被って沈黙を続ける男の真意とは…。
・最後の捕り物に挑む年老いた岡っ引の胸に去来する老妻への思いとは…。
・金では買えないものはないと豪語し、大名家まで買おうとした男が土壇場で手にしたものは…。
・『色道いろは』なる艶本を著し、幕府の不興を買った男の抹殺を命じられた角野忠兵衛の困惑とは…。
窓際同心の人情裁きを描く短編時代小説シリーズ第七弾!
価格
534円
[参考価格] 紙書籍667円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/12/14 00:00
紙書籍販売日
2006/01/31
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.52MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家