サイト内検索

秋蛍 ‐くらがり同心裁許帳 (十二)‐

江戸で一番の人気を博していた「羽織幇間」であり、流行りの三味線弾きであった瀬戸家玉八郎。その玉八郎が何者かによって拐かされ、出し物を演じる見世物小屋に三千両を要求する脅迫状が届けられた。看板芸人が拐かされたという一大事のはずが、興行主たちの反応ははぜか鈍かった…。
迷宮入り事件を扱う窓際同心がふるった情けの十手。人情あふれる、シリーズ第十二弾!
価格
534円
[参考価格] 紙書籍689円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2016/12/14 00:00
紙書籍販売日
2008/10/31
ページ数
----
掲載誌/レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.50MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家