サイト内検索

愛の右翼 赤尾 敏

作家/出演者
シリーズ
  • 愛の右翼 赤尾 敏
日本の国体とは愛なり――大日本愛国党総裁・赤尾敏の思想の根底には常に「愛」があった。
91歳で亡くなる3週間前まで数寄屋橋交番前で辻説法を続けた伝説の右翼の
真の姿を、幼いころから間近で見ていた姪が克明に綴る。
高須クリニック院長・高須克弥氏も「いま赤尾敏を知ること、
それは日本人の心を取り戻す契機になる」と大絶賛の一冊。

第1章: 数寄屋橋のドン・キホーテ
第2章: ユートピアを求めて
第3章: 日の丸社会主義への目覚め
第4章: 戦火の中で
第5章: 戦後の右翼
第6章: 七生報国
第7章: 反グローバルの思想
第8章: 国体とは愛なり
価格
1,199円
[参考価格] 紙書籍1,296円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
11pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/05/25 00:00
紙書籍販売日
2018/04/14
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
5.82MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家