サイト内検索

和歌史のなかの万葉集

作家/出演者
シリーズ
  • 和歌史のなかの万葉集
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本の歌が万葉集からのち失ったもののなかに万葉の万葉たる所以を見出す。歌についての明確な意識の確立は、必ずしも歌の創造性や豊富化をもたらしはしない。万葉集から古今集へ、定型化と洗練に向かう過程で、多くのものが失われた。万葉を万葉たらしめている要の石-初期万葉、人麻呂、憶良などの作品を中心に論じる。
価格
7,344円
[参考価格] 紙書籍7,344円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
73pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/04/11 00:00
紙書籍販売日
2012/07/25
ページ数
277ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
35.40MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家