サイト内検索

貴志康一と音楽の近代 ベルリン・フィルを指揮した日本人

作家/出演者
シリーズ
  • 貴志康一と音楽の近代 ベルリン・フィルを指揮した日本人
明治末期に生まれ、日本とドイツを往復しながら、ヴァイオリンの演奏から指揮や作曲、果ては当時のニューメディア=映画制作まで取り組んだ貴志康一。「天才」と評され、ヴァイオリンの名器ストラディヴァリウスを日本人として初めて所有し、ベルリン・フィルを25歳で指揮しながらも、わずか28歳で生涯を終えた。この若き音楽家の人生と作品、その時代背景を総合的に分析して彼の魅力に迫り、人物を通して戦前期日本の社会をも読み解く。
価格
3,240円
[参考価格] 紙書籍3,240円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
32pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/04/11 00:00
紙書籍販売日
2011/05/24
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
8.43MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家