お知らせヘルプ

越えていく人――南米、日系の若者たちをたずねて

作家/出演者
シリーズ
  • 越えていく人――南米、日系の若者たちをたずねて
日系移民の子孫たちの言葉から浮かび上がる、もう一つの日本近代史

移民たちはみな未知なる世界へと旅に出たが
それは’同一性・帰属意識’を探求する旅でもあった
だが彼らは帰る場所を探しているわけではない
陽が昇る未来に向かい今も旅を続けているのだ
--宮沢和史氏

出会えば出会うほどわからなくなる。それでも少しずつわかっていく。
期待を現実で溶かしていくための、ゆっくりで誠実な旅の記録。
--望月優大氏

私もそうだけど、もう誰もかもがじつは日系移民なんだな、
たまたま日本に住み続けてまだ移動してないだけで。
そのあり方は私たちが思っている「日本人」よりはるかに多彩だ。
--星野智幸氏

この本を読み進めていて何より実感できたのは、
私たちがどんな国に帰属していようと、どこに移り住もうと、
所詮は誰しも地球という惑星の、逞しき住民ということだ
--ヤマザキマリ氏


沖縄からペルーへ移住した先祖を持ち、首都リマで生まれた演出家。
二〇年ぶりに訪れた生まれ故郷で、沖縄系日系人の祭りに参加する。
??自分もここで日系人として育っていたかもしれない。
かつて多くの日本人が南米へ渡った。
その子孫にあたる若者たちの話を聞きたい。
ペルー、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジル、ボリビア。
彼らをたずねる旅が始まった。



【目次】
1.Per? ペルー
■ 沖縄
■ ペルーに生まれて
■ ステージの上

2.Argentina アルゼンチン
■ フアン一家
■ 出生地主義

3.Paraguay パラグアイ
■ ブエノスアイレス → ラパス移住地
■ サッカーを遊ぶ
■ 若者たちへのインタビュー
■ 蜜蜂の巣箱

4.Brasil ブラジル
■ 港町サントス
■ サンパウロとサッポロ
■ ヨシオさん

5.Bolivia ボリビア
■ 低地ボリビア
■ キャンプ
■ めんそ〜れ
■ 沖縄の人だもん
■ 飲み会にて
■ ボリビア大移動
■ ルレナバケの日本祭り
■ リベラルタ、旅のおわり

en Kioto 京都にて

謝辞
参考文献
初出
価格
1,980円
[参考価格] 紙書籍1,980円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
19pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2021/04/09 00:00
紙書籍販売日
2021/03/10
ページ数
----
掲載誌・レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
17.70MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家