サイト内検索

BLACK KNIGHT BAT(B&W)

作家/出演者
シリーズ
  • BAT
黒騎士登場
’17歳になったバット・デュランは、生まれた世界レインボーリアへ戻るため、古城の枯れ井戸より、光の海を渡り、生まれた故郷の「星船」を目指す。「星船」に辿り着いたバットは、案内人の岩ふくろうから、バットは「星船」の王女で、王位を継ぎ、そして「星船」の封印を解かなければならないことを告げられる。
その頃、城では封印が解ける百年祭が催されていたが、「星船」略奪をもくろむ、暗黒海の帝王ブラスマン率いる海賊船の襲撃にあっていた。’

時のなる木
’ある日、城の中でリンゴを配る老婆が現れた。老婆の配るそのリンゴを食べた者は、リンゴに示してある時間に支配されてしまう。兵士達は子供になり、ウルフは老人に、ブルは赤ん坊になってしまった。
みんなを元に戻すには、時のなる木を切り倒さなければいけないらしい。
リンゴを配る老婆に化けていた死んだはずの囚人ギロンを捕まえ、時のなる木を見つけだすため、地下牢へと乗り込むバット、ジェット、フーチェンの3人。しかし、リンゴを食べてしまっていたバットは次第に時をさかのぼり始める。’

チェックメイトシティ
’「星船」で一番大きな町チェックメイトシティ。バットは星の主としての見聞を広めるため、単身チェックメイトシティへと向かう。
途中、畑のカカシにバイクを壊されてしまったバットは、通りがかったギオの車に乗せてもらう。無事町に着き、ギオと別れるが気がつくと大事な腕輪がなくなっていた。ギオに腕輪をスラれたことを知ったバットは、ギオが出入りしている町はずれの酒場へ向かうのだが、そこは異次元世界へ通じるとんでもない酒場だった。’

電話開通
’レインボーリアでは電話をかけることによって、その人間がかけた番号の電話ボックスに移動できるという、電送電話がある。ビック電話会社の支部長から話を聞いたバットは、早速開通を依頼する。
工事が終わり、電送電話を試すジェット。問題なく行き先に到着し、次はバットが電送電話を試すのだが事故が起こり、バットはそれぞれの性格の4人に分裂してしまった。’

美の収集家
「星船」の前に突然現れた真紅の宮殿。ラブローズの領主であるマンダ伯爵より、宴に招待されたバットは、ジェットとウルフと共に宮殿へ向かう。 伯爵は美の収集家と称し、宮殿のなかは美しい様々な芸術品で溢れていた。 だが絵画を鑑賞するジェットとウルフは、突然絵の中に吸い込まれ、閉じこめられてしまった。そしてバットもまた絵の中に吸い込まれ、伯爵の美の餌食に…?

権力のメガネ
’ピラミッドへ財宝探索に乗り出したバット、ジェット、フーチェの三人。フーチェの作った探知機も当てにならず、財宝は見つからない。フーチェとバットはあきらめて歴史書のみを持ち帰ることにする。ジェットはピラミッドで見つけたメガネが気に入ったようだ。
しかし城に戻って以来、ジェットの様子がおかしくなり始め……。’

ファイヤードラゴン
馬主のゲルヒンは汚い手を使って競馬に勝ち続けていた。バット達はゲルヒンを破滅させるべく、金貨1万枚をかけ、今度のレースに参戦することに。しかし、おそろしく速いゲルヒンの馬レッドデビルに勝てるのは、呪われた馬ファイヤードラゴンしかいない。ファイヤードラゴンを求め、バットと四銃士はフォボス島へ向かう。

イワン七世
’南の海で日光浴を楽しむバットは、突然マンダム帝国とエリーゼ王国の戦争に巻き込まれた。
「星船」の上で繰り広げられる、マンダム帝国の帝王とエリーゼ王国の王女だけとなってしまった1対1の争いには、ある秘密が隠されていた。’

聖者が町にやってくる
ある夜、バットが目を覚ますと、窓際に不思議な木馬が。半分夢心地でまたがるバットを拘束した木馬は、「星船」をあとに飛び去ってしまった。隕石の上に落とされたバットを待っていたのは、大量のおもちゃと、ウルスラという女の人形。 ウルスラは世界征服をもくろみ、「星船」を乗っ取るためバットに成り代わり城に潜り込む。バットはウルスラを作った技師サルドールと共に、ウルスラのもくろみを止めようとする。

怒りの雲
専属の雨雲を持たない「星船」には、しばらく雨が降っておらず、井戸の水やプールもみんな干上がってしまっていた。そこでオリジナルの雲を作ることにしたバットと四銃士だったが、雲の素が腐っていたためうまくいかなかった。 よろず屋ツタン仮面から新しい雲の素を買おうとするが、ツタン仮面が間違って殺人兵器用の雲の素をあけてしまったために、「星船」は大変なことに!

魔女マリア・デュラン(前編)
日に日に強くなっていくバットの前に現れた、いとこのマリア・デュラン。偉大なる魔女ガリアスのもとで修行し、マスターの称号を得ているマリアは、「星船」の主の座を狙ってバットを王座から引きずり降ろそうとするが……。

魔女マリア・デュラン(後編)
バットと共に映画に出ることになったマリアだったが、スキあらばバットをやっつけようと考えていた。撮影のため、妖女サンドラ役のマリアが待つ洞窟へ向かうバット。一方洞窟では、バットを倒すため、マリアは怪しげな魔術を用いて待ちかまえていた。

バットの裁判
航海中すさまじい嵐にあう「星船」。航海不能に陥った「星船」は雲の渦に引きずり込まれ、途中にいたクモを巻き添えにし、雲の上に不時着。 「星船」のエンジンが直るまで付近を探索していたバットは、突然雲の下へと落ちてしまう。その先で、禁止地区に入ったことと、クモを殺してしまった罪に問われ、突然裁判を受けるバット。 バットは弁護人を要求し、四銃士たちを呼ぼうとするが、裁判官は四銃士たちが真の騎士かどうか試練をあたえられる。

価格
648円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2017/08/01 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
286ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
101.00MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家