サイト内検索

女優にあるまじき高峰秀子

作家/出演者
シリーズ
  • 女優にあるまじき高峰秀子
女優とは女のイヤな部分を凝縮した生き物。
高峰秀子は「女優」ではなかった――。週刊誌記者として300人以上の「女優」に取材したことのある著者が体験した「女優」たちの痛いエピソードの数々。
高慢、特権意識、虚飾、自意識過剰の「女優」たちと対極にあるのが高峰秀子だった。
のちに高峰秀子の養女となった著者が描く「かあちゃん」高峰の凛とした生き方と凡俗女優たちとの対比を描く異色のエッセイ。
なぜ高峰秀子は女優が嫌いだったのか。
価格
1,512円
[参考価格] 紙書籍1,512円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
15pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2019/02/15 00:00
紙書籍販売日
2018/11/26
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.96MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家