サイト内検索

貸本屋のぼくはマンガに夢中だった

作家/出演者
シリーズ
  • 貸本屋のぼくはマンガに夢中だった
昭和30年代、東京で貸本屋をやっていた一家と「ぼく」の物語。
貸本ブームの最中、貧しい町並みの片隅に開いた店は家族で営まれ、娯楽を求めて老若男女さまざまな人びとが足しげく通った。
貸本屋の息子であった著者が浴びるように読みふけった貸本マンガにはどんな世界が広がっていたのか。
つげ義春、水木しげる、白土三平など、貸本マンガ出身の漫画家たちの初期作品の魅力とは?
アナーキーな面白さと猥雑さに満ちたあの時代のマンガの思い出を綴る。
価格
972円
[参考価格] 紙書籍972円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
9pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2019/02/26 00:00
紙書籍販売日
2018/10/02
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
7.27MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家