サイト内検索

平和学入門 元東大名誉教授・篠原一 次代へのメッセージ

作家/出演者
シリーズ
  • 平和学入門 元東大名誉教授・篠原一 次代へのメッセージ
SEALDsにみる討議型デモクラシーの限界。
「米ソ冷戦」と「中国台頭」時代の政治理論の違い。

安保法制や原発推進、そして沖縄基地移設をなぜ安倍政権は強く進めることができるのか?

国際社会のパワーバランスが変化する、いま―――日本に必要な政治学とは。

その死から5日目に収録!
政治学の権威による‘最終講義’。

■■ 篠原一の人物紹介 ■■
1925〜2015年。政治学者、東京大学名誉教授。1963年、東京大学法学部教授に就任、86年の退官後には成蹊大学法学部教授を務めた。また、「区長準公選要求運動」や、丸山ワクチン認可運動などの市民運動にもかかわった。著書に『連合時代の政治理論』『ヨーロッパの政治』『市民の政治学』等がある。
価格
1,512円
[参考価格] 紙書籍1,512円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
15pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2018/04/04 00:00
紙書籍販売日
2015/11/14
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
12.80MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家