お知らせヘルプ
  • pt還元

左ききのエレン (2): アトリエのアテナ

天才になれなかったすべての人へ――。

朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だった。もがき苦しむ日常の中で、美大受験のために通っていたアトリエのことを思い出していた。エレンとその父親の因縁が、光一を軸に回り出す。

2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連載時も不動の人気を誇る「左ききのエレン」、待望の電子コミック化!「SNSポリス」「おしゃ家ソムリエおしゃ子! 」で一躍話題になった「かっぴー」が手がける、初の長編ストーリーマンガ。描き下ろし「左ききのエレン 2018」を収録。

『左ききのエレン』2巻 アトリエのアテナ編
・8話「道具の使い方も知らないガキ」
・9話「サラリーマンやれよ」
・10話「がんばったで賞なんて無いんだから」
・11話「追いかけてくる現実に捕まりそうになる」
・12話「私は努力を信じない」
・13話「照らす側の人生だってあるんだ」
・14話「この先があるんだよ」
・左ききのエレン 2018「ニューヨーク・空調がキツいカフェにて」

■著者について
漫画家。株式会社なつやすみ代表取締役社長。武蔵野美術大学でデザインを学び、2009年卒業後は東急エージェンシーのクリエイティブ職に。アートディレクター・コピーライター・CMプランナーなど天職が見つからぬままアイデアを書き留めた絵コンテを量産する。2014年に面白法人カヤックへ転職。2015年9月、漫画を見た同僚に背中を押され、描いた漫画「フェイスブックポリス」をWEBサイトへ公開し、大きな反響を呼んでネットデビューを果たした。以降、「フェイスブックポリス」の続編「SNSポリス」をはじめ「おしゃ家ソムリエおしゃ子! 」「左ききのエレン」「おしゃれキングビート! 」「裸の王様VSアパレル店員」などWEBメディアでの多数の連載がはじまる。子どもの頃憧れた映画の脚本家やテレビ番組の構成作家など、自分が考えた物語を世に広める事を夢みて、2016年2月に株式会社なつやすみを設立した。社訓は「忙しく、遊ぶ。」。
SALE 8月26日(木) 14:59まで
50%ポイント還元中!
価格
611円
読める期間
無期限
電子書籍/PCゲームポイント
278pt獲得
クレジットカード決済ならさらに
6pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2018/08/31 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
184ページ
掲載誌・レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
67.70MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家