サイト内検索

安吾史譚

作家/出演者
シリーズ
  • 安吾史譚
窮すれば誰しもミジメになるもので、それは見てやらぬ方がよい――。人麿、道鏡、頼朝、小西行長、直江兼続、天草四郎、勝夢酔。七人の日本男子を安吾独自の人間理解で談ずる。歴史の面白さに心弾む傑作講釈。1952年作品。
価格
1,908円
[参考価格] 紙書籍859円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
19pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2019/02/15 00:00
紙書籍販売日
2017/10/14
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.09MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家