サイト内検索

サイボーグ・ドッグ・ベイリー NO.4

「マイケルなんだか変だよ、何もサイボーグになっていないのに僕の体が振動を感じるのだけれども今まで感じた事のない振動だからどう伝えていいかわからないんだよ助けてよ」とベイリーがマイケルに訪ねます。「車に乗った感触でもないかい」とマイケルが訪ねます。「全然違うものすごいエネルギーだよ、すべての僕の能力を最大限にして欲しいのだけれども、もしも、何かを感じたときに僕の体がそれに耐えられるか怖いけれども、はやくにその正体を見つけ出したいと思うのでよろしく」と頼みます。そのことをCSPCのトムに即刻つたえます。トムは「サイボーグ ドッグ ベイリー様が言うのであれば、家の中でスーツを装着してとりあえずレベルをマックスにしてください。こちらのモニターも24時間体制で監視します。よろしく」という司令が出されました。
価格
216円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2019/01/18 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.44MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家