サイト内検索

角力記 中国最古の格闘技文献

作家/出演者
シリーズ
  • 角力記 中国最古の格闘技文献
『角力記』は中国の古書で十世紀後期の作。作者は宋代初めの人、調露子といわれる。内容は古代中国のすもう=格闘技について紹介したもので、その内容は上限を春秋時代として、下限は五代十国に及んでいる。格闘技関係単独の古代資料は非常に少なく貴重な文献といえ資料価値は高い。原文、読み下し文、現代日本語訳文を載せ、巻末に『角力記』をめぐって Q&A を付す。本邦初訳!!
価格
583円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
5pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2019/01/28 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.87MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家