サイト内検索

恋するタブリエ V.どうなりたいの?

ソムリエール頼子は黒、料理人美奈は白のタブリエ(エプロン)をつけて働く三十歳目前の女の子。タブリエの色と同じく、性格も正反対のふたりの仕事と恋の物語。


皿をひっくり返せばブランド名が記されているとは思うが、それをチェックするのはやめた。
高級な洋食器ブランドの名前など美奈にはどうせわからない。
自分の店を持つとしたら―――。
買ってもいない宝くじの賞金の使い道を夢想するように考えることはある。
自分なりにこだわった食器を使って、自分なりの店を、と。
しかし、美奈の考える「こだわり」はこの店のような高級さとは違う。
河田と一緒に店を、なんて一瞬でも夢見たあの頃の自分の若さに美奈はにが笑いした。
描いていた未来はもともと違うものだったようだ。

「すごいなぁと思うんですけど、俺のしたいのとは違います。資金とか度外視しても」
ガラスの向こうの庭を真っ直ぐ見て話す遠山の瞳に、照明の光が映りこんで暖かいオレンジ色に光る。
「うん。私も」
「ですよね。美奈さんもこういう感じやないやろうと思いました」
ふっ、と同時に息をついて笑う。
良かった。一緒に働く遠山が自分と全く違う方を向いてなくて。
美奈はテーブルの上の遠山の大きな左手を握りたいような気持ちになった。
価格
216円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2019/01/17 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.76MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   7巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。