サイト内検索

恋するタブリエ VI.あなたがほしい

いっそ野村が踏み込んできてくれたら、頼子は余計なことを考えずに済んで意外と上手くいくかもしれない。
「頼子さん、……頼子さんの気持ちを大事にしてくださいね……流されんように……よく、考えて。その……私……なんかちょっと、心配です」
まるで美奈に脳内を覗かれたみたいでひやりとした。
核の部分をわざと避けるような言い方で、美奈は忠告めいたことを口にする。
辛気臭い美奈の気遣いが気に障った。
はっきり言えばいいのに。心の中で強がって突っかかる。
実際にはっきり言われたら困るのは頼子だ。
自分の気持ちをどう動かしたらこのもどかしさから解放されるのか、頼子自身わかっていない。

(美奈やって何か悩んどるんやろうが。他人の心配しとる場合ちゃうやろ)

沈黙する頼子と美奈の間を遠山の視線がウロウロとさまよう。
「あの……美奈さん、頼子さん、そろそろケーキ切りましょか。明日も早いですし」
遠山が立ち上がって、冷製料理とデセール用の調理スペースに設置されたナイフラックから長いケーキナイフを抜く。
コックコートを着た遠山は白い騎士のようで、こんな彫刻なかったやろうかと頼子は考える。
おそらく遠山は、最後には美奈のことを颯爽と抱きかかえて救うのだと思う。
羨ましい。
白いトラックに乗った次郎さんが一瞬頼子の頭の中を横切って、止まらずに行ってしまった。
価格
216円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
2pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2019/01/17 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
0.59MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家

シリーズ作品   7巻まで配信中

※購入済み商品はバスケットに追加されません。
※バスケットに入る商品の数には上限があります。