お知らせヘルプ

暢気眼鏡 虫のいろいろ 他十三篇

作家/出演者
シリーズ
  • 暢気眼鏡 虫のいろいろ 他十三篇
洒脱で晴朗なおしゃべり。出世作となった「暢気眼鏡」以下一連の貧乏ユーモア小説から、身辺な虫の生態を観察した「虫のいろいろ」、そして老年の心境小説まで、尾崎一雄(1899-1983)の作品には一貫して、その生涯の大半を過した西相模の丘陵を思わせる爽やかな明るさがある。代表的な短篇15篇を編年順に収録。
価格
814円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
8pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2020/05/28 00:00
紙書籍販売日
----
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
2.26MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家