お知らせヘルプ

アウシュヴィッツを描いた少年 僕は銃と鉄条網に囲まれて育った

作家/出演者
シリーズ
  • アウシュヴィッツを描いた少年 僕は銃と鉄条網に囲まれて育った
15歳の少年のスケッチブックに残されたホロコースト。
生と死の境目で見つけた、友情、信念、そして未来への希望――収容所から解放後に綴られた貴重な手記。
スケッチ56点を豪華フルカラー収録。

本書を読み進める際には、トーマスのスケッチも、ぜひじっくりと見ていただきたい。証言が、図版とともに語られるのはまれなことなのだ。この二つは、いずれもトーマスが後世へと残す遺言である。
――序文より

驚くべき、非常に心を揺さぶられる作品。
――ジェームズ・ホランド(歴史家、ベストセラー作家)

彼の力強い声と絵は、人間が悲劇から何を学べるか、そして、どうしたら過去より未来を良くできるかを教えてくれる。
――エスター・ギルバート(ホロコースト歴史家)

1943年6月、ナチス支配下のベルリン。
ユダヤ人少年トーマス・ジーヴは、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に送られた。
わずか13歳だった彼は、3つの収容所を経て生き延び、22カ月後ついに解放の日を迎える。
そして、記憶の新たなうちにすべてを伝えようと、絵筆をとった。

少年のまなざしで見るホロコーストとは、どのようなものだったのか――
大人には語り得ない真実が、そこにはあった。

【目次】
序文
はじめに
プロローグ─まだ見ぬ未来 一九三九年、ベルリン

第一部
第一章 シュチェチンとボイテン 一九二九-一九三九年
第二章 ベルリン 一九三九-一九四一年
第三章 ベルリン 一九四一-一九四二年
第四章 ユダヤ人一掃 一九四三年

第二部
第五章 アウシュヴィッツ=ビルケナウ
第六章 隔離
第七章 レンガ積み学校
第八章 生き残るための闘い
第九章 極度の消耗
第十章 絶望の中で

第三部
第十一章 混沌の中のやさしさ
第十二章 古参囚人として生きる
第十三章 変化の風

第四部
第十四章 自由はなお遠く
第十五章 グロース=ローゼン強制収容所
第十六章 撤退
第十七章 ブーヘンヴァルト強制収容所
第十八章 解放のとき

エピローグ
チャールズ・イングルフィールドからのメモ
登場人物について
謝辞
索引
価格
3,861円
[参考価格] 紙書籍4,290円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
38pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
配信開始日
2022/01/17 00:00
紙書籍販売日
2022/01/15
ページ数
----
掲載誌・レーベル
出版社
ジャンル
ファイル容量
36.70MB
ファイル形式
EPUB形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家