お知らせヘルプ

「矢野誠一(やのせいいち)」の作品一覧

新着通知設定 :
作家
新着通知管理ページ
  • 矢野誠一
    • (2)
    • 660円
    大正時代大阪演藝界を席捲した‘吉本興業部’──現在の吉本興業の土台を作り上げた希代の名プロデューサー吉本せい。夫との死別後、弟たちと力をあわせて社業を盛り立てた60年の生涯を辿りつつ、桂春団治、エンタツ・アチャコら芸人たちの藝と生き方、「落語から漫才へ」と動く関西演藝の激動期を鮮...
  • 矢野誠一
    • 660円
    アダチ竜光、牧野周一、広沢虎造、大辻伺郎、吾妻ひな子、石田一松、シミキン、可楽、馬風……比類なき芸ゆえにいかなる奇矯も許された古き良き時代。ずらりと並んだ15人は誰を見ても二度と現れそうもないキャラクターばかりである。筆者は、すでに鬼籍に入って見ることも聞くこともかなわぬ芸をいと...
  • 矢野誠一
    • (1)
    • 473円
    『怪談牡丹燈籠』『真景累ケ淵』『鹽原多助一代記』などを自ら創作して演じ、現在でも「落語の神様」と呼ばれる三遊亭圓朝。彼は30歳で明治を迎え、近代化の中で伝統芸能を続けねばならなかった。そのために、山岡鐵舟などの政府の要人と関わって名を売り、怪談噺には「神経」という当時の流行語を使...
  • 矢野誠一
    • 96円
    家主招待の長屋のお花見。酒も肴も盛りだくさん、ただしどれ一つとして「まともな」ものはない。やけ酒ちかくなっての言いたい放題、これがめっちゃ面白い。
  • 矢野誠一
    • 96円
    そんな馬鹿なはなしがある? 熊はテレポーテーション能力の持ち主か。

1~5件/全5件

  • 1
トップへ