サイト内検索

    • (29)
    • 715円
    12世紀の初め、藤原政権の退廃は、武門の両統’源平’の擡頭をもたらした。しかし、強者は倶に天を戴かず。その争覇興亡が古典平家の世界である。『新・平家物語』も源平抗争の歴史を描くが、単なる現代訳でなく、古典のふくらんだ虚像を正し、従来無視された庶民の相(すがた)にも力点を置く。――...

1~1件/全1件

  • 1
トップへ