サイト内検索

ニッポン博物誌 シリーズ一覧

※バスケットに入る商品の数には上限があります。

※読める期間が選べる作品の場合、無期限の作品が追加されます。

新着通知設定 :
作品
新着通知管理ページ
    • 1巻
    • 324円
    美しい日本の自然界。だが、そこには食うものと食われるもの、栄えるものと滅びゆくものの厳しい大自然の掟がある。空翔ぶ風呂敷と呼ばれるムササビに恋の季節が。やがて3匹の子が生まれ、父となったムササビは子供たちに生きる術を教える。イタチ、テン、キツネ、そしてフクロウなどの恐ろしさを。し...
    • 完結
    • 2巻
    • 324円
    美しくも厳しい大自然の中を懸命に生きる動植物や魚たち。ハゼに似た10センチ前後の小魚で、玉石の多い清流を住み処とするカジカ。幼い頃父親と共に、よくカジカ突きに行っていた少年・正信は成長し、都会で結婚、正という息子もできた。息子と一緒に久し振りに故郷に帰って来た正信は、思い出がいっ...
    • 完結
    • 3巻
    • 324円
    明治から大正、そして昭和初期にかけて、猿専門の猟師であるサルマタギがいた。その毛皮は1枚で熊の毛皮3枚分に相当する値がついたという。エンコの三次郎を頭とするサルマタギの一隊は、年間捕獲数ナンバーワンを誇っていた。だが、狩り上手の三次郎たちにも狩ることのできない野猿の一郡がいた。そ...
    • 完結
    • 4巻
    • 324円
    鷲や鷹の近縁にあたる、ミサゴと呼ばれる猛禽が大イワナの住む谷に舞い込んだ。ミサゴは鷲や鷹が小魚や小動物を補食するに対し、専ら魚を捕えて食べることから、海辺や湖沼に生息する。このミサゴの狙いは、もちろん大イワナ。チャンスを待っていたミサゴは、大イワナに狙いを定め一直線。危機が迫る大...
    • 完結
トップへ