サイト内検索

ストロボ・エッジ シリーズ一覧

※バスケットに入る商品の数には上限があります。

※読める期間が選べる作品の場合、無期限の作品が追加されます。

新着通知設定 :
作品
新着通知管理ページ
    • (104)
    • 1巻
    • 399円
    仁菜子は素直でおっとりした高校生。まだ恋はしたことないと思っている。自分に想いをよせる大樹への気持が恋だといわれて、いいヤツだとは思ってるけど…?ある帰り道電車で学校で人気の男子・蓮と出会う。少しの会話や笑顔だけで仁菜子は新しい気持を感じる。この気持はいったい…!?仁菜子のほんと...
    • 完結
    • 殿堂入り
    • (22)
    • 2巻
    • 399円
    蓮への気持ちが恋だと気づいた仁菜子。彼女がいると知っても初めて知った気持をただ伝えたくて蓮へ告白する。ふられてしまうが、友達としてつきあうことに。新学期、仁菜子の告白を目撃した安堂と知り合う。蓮と3人は文化祭実行委員会で一緒。蓮を好きな気持を持ち続ける仁菜子と動き始めるみんなの気...
    • 完結
    • 殿堂入り
    • (20)
    • 3巻
    • 399円
    文化祭実行委員の仁菜子、蓮、安堂。突然おでこにキスをしてきた安堂から逃げる仁菜子。避けられていたはずの蓮が抱きかくまってくれる。なぜ――?3人はカフェの短期バイトで一緒に。安堂はさらに仁菜子のことが気になってくる。そして本人さえもまだ気づいていない、かすかな変化が蓮に静かに訪れ始...
    • 完結
    • 殿堂入り
    • (15)
    • 4巻
    • 399円
    安堂が仁菜子へ告白――。彼女がいる蓮を好きなままの仁菜子へ、『限界』があると問いかける。仁菜子は、そんなことはないと思うが…。一方、蓮の友人たちは仁菜子といるときの蓮の様子に注目していた。自然な笑顔をみせる蓮。他の子に揺れるという概念がない蓮の性格。もしも変化にきづいたとしたら…...
    • 完結
    • 殿堂入り
    • (13)
    • 5巻
    • 399円
    仁菜子への想いに気づいてしまった蓮。しかし父親の再婚に揺れる彼女・麻由香を支えようと気持ちを消すことにする。仁菜子の蓮に会えない冬休みが始まる。蓮への気持ちを知りながら安堂は仁菜子へ想いをぶつけ続ける。バイト先のクリスマス会準備中、安堂の元彼女と偶然出会い、仁菜子は彼の傷を知る…...
    • 完結
    • 殿堂入り
    • (18)
    • 6巻
    • 399円
    蓮の彼女・麻由香は蓮の仁菜子への気持ちを察し、かつ自分の変化も認めて、昔の約束にこだわっていた蓮へ別れを告げた。蓮はしばらく誰ともつきあう気はないと女子からの告白は断り続ける。仁菜子もそんな蓮をみて、とても自分の気持ちは言える状態ではないと思う。仁菜子のこともあり、ぶつかる蓮と安...
    • 完結
    • 殿堂入り
    • (18)
    • 7巻
    • 399円
    高2になった仁菜子。蓮と安堂と同じクラスになる。遠足で鎌倉へ。仁菜子と蓮、仁菜子の友達・さゆりと蓮の友達・裕太郎は同じ班。仁菜子は今の蓮と自分の関係について「友達」だからすごく近くにいれると思うと切ない。さゆりと裕太郎は、過去に何かがあったらしい。2人になった機会に裕太郎が告げた...
    • 完結
    • 殿堂入り
    • (19)
    • 8巻
    • 399円
    蓮が自分と変わらなく接してくれるのは、恋愛対象外の「友達」だからなんだ――。でも蓮の仁菜子への態度が、仁菜子の心を揺らす。誰かと恋する蓮を見るくらいなら「カノジョ」になれるようがんばる。そう決意した矢先に――。安堂の中学時代の元カノ・真央が入学してきていた。真央は中学時代、特別な...
    • 完結
    • 殿堂入り
    • (21)
    • 9巻
    • 399円
    自分の蓮への告白が蓮や安堂を傷つける――。仁菜子は蓮への気持ちを再度押しとどめようとするが、心にムリを強いることは、思ったようにはうまくいかず、苦しさ、もやもやのほうが大きくなってしまった。安堂は体育祭で、元カノ・真央とリレーで一緒になることになる。そこで思わぬ出来事が起きる。そ...
    • 完結
    • 殿堂入り
    • (73)
    • 10巻
    • 399円
    蓮のことが好き。わかってるのに――。けんかから守ってくれた安堂が傷ついている姿を見て蓮からの告白を受け入れられなかった仁菜子。でも、断ってしまった本当の理由はもっと別のところにあるのではないか、とぐるぐる悩む仁菜子に安堂がある行動を――。そして、仁菜子がやっとみつけた自分の気持ち...
    • 完結
    • 殿堂入り
トップへ