サイト内検索

赤かぶ検事シリーズ シリーズ一覧

※バスケットに入る商品の数には上限があります。

※読める期間が選べる作品の場合、無期限の作品が追加されます。

新着通知設定 :
作品
新着通知管理ページ
    • 1巻
    • 756円
    絶大な人気を誇る「赤かぶ検事シリーズ」。なぜ、柊茂(ひいらぎしげる)は赤かぶ検事と呼ばれるようになったのか? 名シリーズの記念碑といえる第一作。 椎茸栽培用のビニールハウスで、農婦が一酸化炭素中毒死した。赤かぶ検事らの執拗な追及で、夫が犯行を自供。一件落着に見えたが夫は公判で犯行...
    • 2巻
    • 648円
    古来より奥飛騨に伝わる呪殺の紙草履。ある日、その紙草履が家々の軒下に置かれ、村は騒然となった。毎日のように置かれる紙草履に、ついに女性がショック死し、その娘も吊橋から転落死した。赤かぶ検事は、被害者の家の主人が、飛騨・帰雲城の埋蔵金発掘に狂奔していることをつきとめ、事件は意外な方...
    • 3巻
    • 648円
    飛騨高山のホテルで、美術商・八島恭三が変死体となって発見された! 八島は、シュリーマンがトロヤ遺跡から発掘した幻のプリアモスの財宝を売ろうとしていたらしい。事件の背後に、この莫大な秘宝の謎が……? 事件の真相を追い、赤かぶ検事こと柊茂(ひいらぎしげる)と榊田(さかきだ)警部補は、...
    • 4巻
    • 756円
    春の飛騨高山。置き引きの現行犯で逮捕された中年男がいた。男は犯行は認めたものの、氏名や本籍を頑として黙秘する。が、余罪ありと睨んだ赤かぶ検事は、「本籍、不詳。住居、不定。職業、不詳。氏名、不詳……被告人は、年齢四十七、八歳。容貌、別紙添付の写真のとおり……」 と、異例の起訴に踏み...
    • 5巻
    • 756円
    赤かぶ検事の娘・柊葉子弁護士が婦人警官を装い犯人逮捕! 犯人は家出少女たちを騙しては、覚せい剤を打って強姦していた暴力団幹部。が、赤かぶは娘の活躍を素直に喜べなかった。葉子がその犯人の弁護人になったからだ。果たして、法廷で父親に対峙した葉子は、なんと犯人の無罪を主張した……! 不...
    • 6巻
    • 648円
    愛知県の屋外博物館・明治村で、女性の絞殺死体が発見された! 浮かび上がった容疑者は、彼女と同棲していた森岡武司。だが、推定犯行当日、森岡はほかならぬ赤かぶ検事に暴行を加え、勾留されていたのだ……!? 無罪か? 偽アリバイ工作か? はたして、証人として法廷に立った赤かぶは、アリバイ...
    • 7巻
    • 648円
    飛騨・白川村の廃寺『照恋寺』に住みつき、多数の女性信者をもつ僧侶・恋風が、突如、失踪した。庫裡などの建築代金、九千六百万円の借金を残して――。手形の裏書きに「浪江仏具店」の銀行印を捺していた女事務員も蒸発。知らぬ間に、莫大な借金を抱えた仏具店の浪江要一郎は、赤かぶ検事に助けを求め...
    • 8巻
    • 432円
    窃盗事件を扱う赤かぶ検事。被告人は、盗むこと自体が生き甲斐のコソ泥だった。――一方、赤かぶの近隣の住人は、小倉という家のセパード犬の吠え声に悩まされていた。そのうるささたるや、告発事件に発展するほどだ。ところが、セパードが何者かに毒殺された! 窃盗事件と犬の変死に関連が?(表題作...
    • 9巻
    • 432円
    事故が多発し、幽霊が出るという噂のある〃魔の街道〃。大晦日の夜、そこで人を轢いたらしいという中年男が出頭してきた。榊田警部補が現場に行ったが、何もない。――ところが、である。1時間半後、同じ場所で資産家の礫断死体が見つかったのだ! 新年早々、怪事件に立ち向かう赤かぶ検事だが……?...
    • 10巻
    • 648円
    香原夫妻が新幹線で間違えたバッグに、鶏卵大のダイヤが!? ダイヤは国際犯罪組織が盗み、組織のエイジェント氏家道彦が手下を使って運んでいたものだ。京都で逃走する香原夫妻に、死の追跡を始めた氏家。警察や赤かぶ検事が全ルートに捜査網を張るが、氏家はなぜか京都入りを果たし、夫婦に接近した...
    • 11巻
    • 540円
    新任地・信州松本に降りた赤かぶ検事が見たものは、なんと強盗犯の捕り物だった! ところが、犯人・吉野秀昭は保釈金を払い、そのまま姿をくらました。転勤早々、難事件!?──そんなある日、赤かぶ検事のもとへ届いた引越し荷物のなかに、吉野の死体が発見された!(表題作)美貌の警部補・行天燎子...
    • 12巻
    • 432円
    美しい杉苔で有名な尼寺月心庵で、異様な死体が発見された! 毎年八月十五夜に群れをなして現われるという巨大なナメクジが体を覆い、窒息死させていたのだ。男か女か判別できないほどの酷さであった。事故か他殺か? 狂的(ルナティック)な事件に困惑する赤かぶ検事。――やがて、月心庵で次なる犠...
    • 14巻
    • 432円
    松本市内のホテルのパーティに招待された赤かぶ検事とかみさん・春子は、地元の名士に囲まれておろおろするばかり。ところが、会場で株成金の本庄夫人が殺され、八千万円相当の装飾品が盗まれた! しかも、盗品が春子のコートから発見されたから大変。検事夫人が強盗殺人犯? 会場は騒然、春子は無実...
    • 15巻
    • 432円
    三日月の夜のこと。赤かぶ検事の官舎に泥棒が入った。被害は、かみさんのバーゲン品の指輪だけ――と、ここまではいいのだが、奇妙なことに現場には黒ゆりが!? 恨みつらみの象徴(シンボル)〃黒ゆり〃が、なぜ残されていたのか? 数日後、開業医の若妻が殺害された! そこにも、黒ゆりの置き土産...
    • (1)
    • 16巻
    • 648円
    ご存じ、赤かぶ検事が光文社文庫に初登場! しかもシリーズ初の長編書下ろしで、名推理。 赤かぶ検事と行天(ぎょうてん)燎子警部補は、出張の帰途、信州・更埴市の「あんずの里」に立ち寄った。二人はそこで、髪をバッサリ切られた若い女の変死体を見つける。一方、松本で、その女の髪の毛を用いた...
    • 17巻
    • 648円
    赤かぶ検事と行天燎子(ぎょうてんりつこ)警部補は、富士山麓・朝霧高原の田貫湖で首を切断された死体を発見した。その手には「富士山麓にオウム鳴く」と書かれた紙片が。死体は指のペンだこから左利きと思われた。帰途、二人は失踪した父親を捜している女性と出会い、「左利きの会」という奇妙な会の...
    • 18巻
    • 507円
    かみさんと保津川(ほづがわ)下りに興じる赤かぶ検事の目の前で、女性が殺された! 何者かにクロスボーで、首を射抜かれたのだ。船に同乗していた被害者の恋人は、現代の光源氏と称されるプレイボーイ。彼の妻、もう一人の愛人……美女たちを巡り次々と起こる連続殺人事件に、赤かぶ検事と行天燎子(...
    • 19巻
    • 540円
    二十億円もの大金を横領し、服役中だった矢部亨が脱走した。外に待たせた仲間の車で逃げるという計画的な手口だった。脱獄囚の行方が知れないなか、かみさんの春子と温泉旅行に出かけた赤かぶ検事。ところが、露天風呂に入って腰をぬかした。風呂に女の死体が浮かんでいたのだ! しかも現場の遺留品か...
    • 20巻
    • 648円
    赤かぶ検事の娘、柊葉子弁護士が京都で誘拐された! おりしも、京都府警との連絡会議に出席中の赤かぶ検事は、行天夫妻と捜索に乗り出す。ところが、葉子が離婚の相談を受けていた人妻が鞍馬山中で死体で発見された。夫と愛人が失踪し、葉子にも容疑が!? 『源氏物語』に由来する不気味な事件。娘思...
    • 21巻
    • 432円
    桃山時代の古美術品が盗難にあった事件の捜査のため、京都・氷室の里に赴いた赤かぶ検事。ところが、訪ねた彫刻家・岩崎伸夫は背中を刺され、自宅のアトリエで絶命していた! 奇妙なことに、現場の周囲は豪雪による密室状態。しかも、なぜか部屋の天井に血痕が……? 密室トリック解明と法廷シーンが...
    • 22巻
    • 648円
    仮装の浪人が虚無僧を斬殺!? 赤かぶ検事・柊茂と行天燎子警部補が見物していた妻籠宿の風俗絵巻行列で、殺人事件が起きた。さらに、記憶喪失の謎の青年が発見され、花嫁姿の女性が落馬するという事件まで……。どうやら事件の中心に、銘菓製造メーカーの〃元祖と本家〃争いがあるらしい。赤かぶ検事...
    • 23巻
    • 432円
    京都・壱姫神社の雛祭りは、壇上に人形ではなく男女が並ぶ「生雛祭り」だ。その生雛祭りが今年も盛大に行なわれていたが……。赤かぶ検事ら大勢の観光客が見守るなか、お雛さまに扮した人形作家・高倉香織が、槍に刺されて死亡した! 事件の鍵は、失踪した三人官女役の女性たちが握るのか? さらに、...
    • 24巻
    • 432円
    京都・太秦(うずまさ)の古風な洋館『蛇姫荘』に滞在していた美人女優の妻と会社経営者の夫。じつはこの二人、互いの殺人計画を立てていた(!)……。予告どおり、夫が毒殺され、妻は拳銃で撃たれて発見された! 相討ちか!? マスコミが騒然とするなか、決然と真相究明に乗り出したのは、我らが赤...
    • 25巻
    • 432円
    京都・北山で痛ましい惨劇が起きた! 舞妓が、全裸で絞殺されたのだ。紫のコメ粒を並べた奇妙な記号を遺して……。容疑者は従兄弟の針谷賢二。だが、彼までが何者かに惨殺される。甲賀出身の彼女らが、なぜ? 頭を悩ます赤かぶ検事は、舞妓の遺した記号が、忍者の暗号ではないかと睨んだが……? ―...
    • 26巻
    • 648円
    京都・西陣。「釘ぬき地蔵」の賽銭箱の上で、血まみれの五寸釘が見つかった! その釘を奉納したのは、綴れ錦の老舗の五代目・月乙正次郎(つきおとしょうじろう)。なぜか、彼の行方もわからない……? ――事件だ。赤かぶ検事・柊茂はそう直感した。はたして、正次郎の絞殺死体が発見された! 五寸...
    • 27巻
    • 432円
    京都・嵐山の「もみじ祭り」で、血染めの舞扇が大堰川(おおいがわ)に流されているのが発見された。それを拾った赤かぶ検事こと柊茂(ひいらぎしげる)の妻・春子は、証人として法廷に立つ羽目になる……。血痕には、恐るべき殺人計画の秘密が隠されていたのだ! 赤かぶ検事と美貌の弁護人・秋月沙知...
    • 28巻
    • 432円
    殺されたはずの男から妻に電話が!? 真夏の京都・貴船川(きぶねがわ)で、アパレルメーカーの社長が黒焦(くろこ)げの惨殺死体で発見された。容疑者として起訴された専務の塚田は、事件当夜、青森でねぶた祭りを見物していたと主張。偶然撮られた祭りの写真に塚田の姿が写っていたのだ! 社長は生...
    • 29巻
    • 648円
    奈良に遺る巨石「鬼の雪隠」のそばで、浅野警部が殺された! 赤かぶ検事は腰を抜かした。浅野の死を、発見前に、美貌の占い師・錦部一葉が克明に言い当てていたからだ。なぜ、彼女に予言できたのか? じつは、浅野と錦部は恋愛関係にあったらしく、奈良県警は錦部に嫌疑をかける……? 古都を舞台に...
    • 30巻
    • 648円
    東京見物中の赤かぶ検事夫妻。かみさんはビデオ、赤かぶはカメラを片手に楽しんでいた。奇怪な事件は、かみさんが暴漢に襲われてから始まった。伊豆の爪木崎水仙郷で、一人の男が転落死したのだ! 彼は、赤かぶ検事の写真に写っていた、不審な四人の一人だった。伊豆、越前、淡路……と、水仙の名所で...
    • (1)
    • 31巻
    • 432円
    ゴシップ誌に誹謗(ひぼう)記事を書かれた人気作家・三上周司が突然、失踪。その後、半ば白骨化した三上の遺体が京都奥嵯峨で見つかった。赤かぶ検事は、記事を載せた発行人・桂きぬ江を疑い尋問するが、直後きぬ江が殺されてしまった! 二転、三転する事件――果たして真相は? プライバシー無視の...
    • 32巻
    • 432円
    京都洛中三条通の洋館で、美貌のカリスマ相場師が殺された。自宅寝室で喉を刺されて死んでいるのを、夫が発見したのだ。残された血文字のダイイング・メッセージ‘ZT’は、夫・辻善三郎を指し示しているのか? さらに、彼女が大切にしていたオルゴールが盗まれていた。オルゴールのメロディ「祗園小...
    • 33巻
    • 648円
    祇園祭の夜、京都・鴨川べりの納涼床で奇怪な事件が起きた! 『月沢製薬』の宴会中、取締役の法務部長・鳴海正法が忽然と消えたのだ! しかも、彼のグラスからは青酸カリが検出された。死体なき殺人!?――捜査陣は『月沢製薬』のインサイダー取引との関連を追及するが、やがて第二の悲劇が……! ...
    • 34巻
    • 648円
    ゆ、幽霊!?――雪景色が幻想的な京都・嵐山の旅館で、柊春子と行天燎子は戦慄した。調べると、古井戸から女性の絞殺死体が! 犯人は、数日前に被害者と投宿した高級コールガールの総元締め・中西美希子? だが、彼女の行くえを突きとめるまえに、第二の悲劇が起きた!
    • 35巻
    • 540円
    国際的にも有名な画家・遠山三彩(とおやまさんさい)の絵「向日葵(ひまわり)」が贋作(がんさく)と鑑定された。売り主である倉敷の画廊に内偵に入った赤かぶ検事は、思いがけない事件に出くわした。展示中の三彩の絵を、一人の男がズタズタに切り裂いたのだ! しかも、現場に居合わせた若い画家は...
    • 36巻
    • 648円
    宇治橋での殺人事件。その嫌疑をうけ、被告として法廷に立ったのは、行天珍男子巡査部長だった! 不運なことに、真犯人発見の頼みの綱である赤かぶ検事・柊茂は、行天夫妻と親しいため、事件関与を許されない。――行天が接触した女性たちの正体は? 遠野に伝わるオシラサマの謎とは? 京都と遠野を...
    • 37巻
    • 594円
    紀伊山地のあるダムが、改修工事で水を抜かれ、20年前に水没した家々が姿を現した。その土蔵の中から、当時の町長の白骨死体が発見された! 町長は、巨額の水没補償金を着服し、馴染みの芸者と失踪したとされていたのだが……。彼は誰に殺されたのか? そして消えた金の行方は? そんなとき、姿を...
    • 38巻
    • 648円
    宇治・三室戸寺で、月夜の紫陽花園を撮影していたアマチュア写真家・宮川茂一郎が殺された! スカーフの遺留品……現場には女性が? 以後、被害者宅に紫陽花が届いたり、赤かぶ検事に『紫陽花どんぶり』!? が配達されたり、と怪事件が続発。捜査はますます攪乱される。《移り気、冷酷、無情》。紫...
    • 39巻
    • 432円
    美貌の僧・安珍を追うため、清姫は蛇に化したというが――清姫ゆかりの熊野路で、同じような事件が起きた! 愛人と旅行中だった京都府警の梶山警部補が、川べりで蝮(まむし)に咬(か)まれて死んだのだ。銃器薬物取締本部所属の彼に何があったのか? 苦慮する赤かぶ検事に、やがて次なる訃報が届い...
    • 41巻
    • 432円
    スイスに旅行中の行天燎子警部補が誘拐された!? 仕事も家事も忘れ、観光を楽しんでいた行天燎子と柊春子がなぜ事件に……? 早速、赤かぶ検事こと柊茂はスイスへ出張したが、慣れない海外で捜査は難航。そんななか、重要参考人の他殺死体がフェンデルン氷河で発見された! 赤かぶ検事アルプスに登...
    • 42巻
    • 432円
    飛騨白川村に銃声が! 映画ロケ中の女優・新居三千絵が殺害されたのだ。奇妙なことに、俳優夫婦・酒匂竜太と瀬戸山江津子は、互いに相手が犯人だと主張する。どちらかが嘘を……? しかも事件担当の平尾検事までが高山市街で殺された!? 懐かしい登場人物(キャラクター)と、かつての任地・高山で...
    • (1)
    • 43巻
    • 540円
    時価六十億円とも言われる北条氏の埋蔵金。その所在を記した古地図が、詐欺まがいの手口で売られているという。さっそく箱根へと調査に向かう赤かぶ検事だったが、そこで女性の惨殺死体に出くわしてしまう! 直後、現場近くで逮捕された男は被害者の夫。そして、問題の古地図の持ち主だった……。欲望...
    • 44巻
    • 540円
    女子大生の立科リカが鐘崎典生に扼殺された! ……一方、目撃証言などから捜査陣は程なく鐘崎をマーク。しかし、鐘崎産業社長である彼の父が雇った辣腕弁護士は、億単位の金を使って示談金を提示し、目撃者を買収する――やがて鐘崎に告げられた判決は、リカの母・小夜子を慟哭させ、赤かぶ検事を激昂...
    • 45巻
    • 432円
    《ただ目撃しただけなのに!?》秋の京都を観光中、殺人現場に遭遇した藤原浜江。法廷で証言する直前、彼女はなぜか脅迫や解雇通告を受け、さらに一人息子を誘拐される!――総会屋に対する多額不正供与の隠蔽工作――彼女が見た殺人は、あまりにも大きすぎたのだ。腐敗した大企業、悪徳弁護士が暗躍す...
    • 48巻
    • 540円
    白昼、高級レストラン『モンブラン』で殺人が起きた! 夫と口論をしている最中、須川織枝が青酸カリを盛られたのだ。当然、夫の佑次に嫌疑がかかったが……。『モンブラン』経営者・青山星江のもとに、自称『怪人百面相』から五千万円を要求する脅迫状が届き、事態は急転。さらに、絞殺後に刺殺された...
    • 49巻
    • 540円
    子連れの雪女に襲われて一人が死亡、一人が意識不明に!? 現場の夜泣峠周辺を調べる京都府警は、資産家・波多野家の悲劇に辿りついた。当主とその娘・耿子(あきこ)の相次ぐ事故死──? 噂では、雪女の正体は耿子だというが……。果たして、掘り起こした耿子の棺は空っぽだった! 容疑者が殺され...
    • (1)
    • 50巻
    • 540円
    三十五億円の遺産をめぐるトラブル!? 大手レストラン経営者・松岡宗太郎が殺された! 弁護士の日高は、殴られて気絶する直前、現場で犯人を見たといい、宗太郎の養子・信夫だったと断言。有罪ならば信夫に相続資格はなく、妻・香代子がすべてを受け継ぐが……赤かぶ検事は会心の妙手を放つ! 犯人...
    • 51巻
    • 540円
    名門女子大の人気教授・藤野新一郎(ふじのしんいちろう)が、教え子をレイプしたとして告訴された。事情聴取した赤かぶ検事は、物的証拠が全くないことから、不起訴を主張。ところが、地検上層部は彼を担当から外し、起訴に踏み切ってしまった。果たして危惧(きぐ)は的中。辣腕(らつわん)弁護士に...
    • 52巻
    • 594円
    弁護士の菊間武郎(きくまたけお)の息子が誘拐された。容疑者の女が自首してきたが、解放されて一旦帰宅したはずの少年は、再び姿を消してしまう。その行方もわからないまま、公判は開始。容疑者の弁護を買って出たのは、なんと被害者である菊間本人だった。さらに、弁護側証人が、密室状態の控え室で...
    • 53巻
    • 432円
    恋多き妻に捨てられた石川泰生は、魅力的で聡明な美女・三浦希美子と恋に落ちる。ところが、彼女を部屋に招き、到着を待ちわびていたところへ、別れた妻が突然舞い戻ってきた……。三日後、元妻は滝壺から遺体で発見される! 容疑は石川に向けられたが、赤かぶ検事は、事件の背後に潜む意外な人物の陰...
    • 54巻
    • 540円
    著名な画家・草川壮太郎(くさがわそうたろう)が、アトリエで頭を殴られ殺された! 顔の部分が切り裂かれた裸婦(ヌード)画は何を意味しているのか? エリート検事・松島省一郎(まつしましょういちろう)は、決め手がないまま、お手伝いの南野弘子(みなみのひろこ)を起訴。が、直後に検事を辞め...
    • 55巻
    • 432円
    さまざまな歴史と伝説に彩られた京都・南山城。その美しい地にある山荘で、アメリカ人女性弁護士が射殺体で発見された! ベッドの上で情事の最中に、窓の外から撃たれたのだ。現場から逃走したお相手のエリート弁護士は、犯行への関与を否定。しかも、凶器は、狙撃班に所属する腕利き女性警官の銃と判...
    • (2)
    • 56巻
    • 529円
    京都大原街道沿いの弁財天(べんざいてん)で、美女が死体で発見された! 大学の講師を勤めるインテリ女性だった彼女には、高級コールガールという裏の顔が。部屋に残された日記……破り取られた最後の2ページにはなにが書かれていたのか? そして、著名人や閣僚クラスの大物政治家までを顧客に持つ...
トップへ