サイト内検索

劫火 シリーズ一覧

※バスケットに入る商品の数には上限があります。

※読める期間が選べる作品の場合、無期限の作品が追加されます。

新着通知設定 :
作品
新着通知管理ページ
    • 1巻
    • 648円
    携帯型の核兵器を所持するロシア人テロリストが日本潜入――。新宿ゴールデン街のバーのマスター小田健(オダケン)は、敵が上陸した小樽に居合わせ、炎上する犯行現場で対峙する。東京では、’日本再生’を企てる謎の組織が暗躍していた。(講談社文庫)
    • 2巻
    • 648円
    世界最強の傭兵’傷(ラーナ)’が、金沢潜伏中の志波銀次を襲う。銀次を目の敵にする日本政府もまた、自衛隊を出動させ陸空から包囲にかかる。オダケンが合流した東京では、核を持ち込み、’日本再生’を企てる右傾化グループを突き止める。米政府も謎の動きを見せる中、この国はどこへ――国際謀略ア...
    • 3巻
    • 648円
    2006年度日本冒険小説協会大賞受賞作。日本転覆を企てる「新生大和会議」の恐るべき陰謀を、オダケンたちは明らかにしていく。日本を守る’鍵’を、小倉が地元の神岳会の広岩親分から預かったのは、大文字一徹。この豪快探偵が一路東京へ向かう――はずが、CIAエージェントの尾行を知ってか知ら...
    • 4巻
    • 864円
    明らかになる「秩父日召(ちちぶにっしょう)」の正体と目的。都庁はテロリストに占拠され、アクアラインに核爆弾が――。秩父日召率いる極右集団が雇った’傷(ラーナ)’たちテロリストが、都庁を占拠した。敵の作戦の全貌を掴んだオダケンたちは銀次、一徹の合流を待ちつつ、東京に持ち込まれた核爆...
トップへ