サイト内検索

ロウきゅーぶ! シリーズ一覧

※バスケットに入る商品の数には上限があります。

※読める期間が選べる作品の場合、無期限の作品が追加されます。

新着通知設定 :
作品
新着通知管理ページ
    • (35)
    • 1巻
    • 615円
    高校入学とともに部長のロリコン疑惑で部活を失った長谷川昴。ただでさえ小学生の話題はタブーなのに気づけばなぜか小学校女子バスケ部コーチに就任って!?(「ん? ぱんつなら心配ないよ、ほらっ」「やっぱりっ、でか女なんだわたしっ!」「おにーちゃんの背中が気に入りました」「あの、そ、そろそ...
    • (16)
    • 2巻
    • 594円
    部長のロリコン疑惑から一ヶ月、ようやく周囲の噂も落ち着いてきた今日この頃。バスケへの想いを再燃させてくれた大恩ある少女たち五人のため、昴は再び慧心学園バスケ部のコーチに返り咲く。そして彼女たちのさらなる成長を目指し、小学校で合宿を行うことになったのだが、解決しなくちゃいけない問題...
    • (14)
    • 3巻
    • 615円
    プール開き目前な本格的な夏到来。いまだ慧心学園バスケ部のコーチを続ける昴は、試合という新たなる壁にぶち当たっていた。そんな中、一人泳げずに悩める愛莉。これを克服することでセンターとしての精神的成長を促すためにも、昴は文字通り一肌脱ぐことにしたのだが、(「──さーて、今のうちに脱ぎ...
    • (16)
    • 4巻
    • 594円
    夏休みに入り、初となる他校の女子ミニバスケ部との試合にわくわくを隠せない智花たち。相手は県大会常連の強豪校というのもあり、昴も少女たちの真のコーチとして多くのことを学ぶつもりだったのだが……。先方からの扱いはひどく、いきなり野外キャンプな生活を強いられ、(「そ、その……どこに寝る...
    • (15)
    • 5巻
    • 594円
    夏といえば海。海といえば水着。前回の失敗を繰り返さないよう、真帆の別荘で行われる強化合宿はもちろん智花たち女子バスケ部の面々もやる気満々なのだが、別荘は海のすぐそば! 智花も水着を新調したことだし、まずは夏の海を堪能したり楽しむことも大事な訳でして。(「さっそくすばるんに見せにい...
    • (12)
    • 6巻
    • 615円
    残暑も厳しい8月も下旬にさしかかり、夏休み最後の想い出を作りたくて智花が勇気を振り絞って誘った花火大会。女バスのみんなも浴衣に着飾って、終始にこにこ顔で屋台を楽しんでいたのだが……(「ぱんつなら平気だよ。ゆかただもん」「少しくらいはトモにデート気分も…」「ぎゃ〜すばるんパンツ覗く...
    • (13)
    • 7巻
    • 615円
    夏休みもそろそろ終盤。最後の想い出に同好会や慧心女子バスケ部など、みんな一緒の合同試合を計画する昴なのだが、愛莉兄妹の仲違いなど悩みはつきず……。(「実はずっと前からお兄ちゃんと……」「いまから一緒にお風呂はいってこい」「おー。ひなももうおとなのじょせい」「私を昴さんのお隣にいさ...
    • (11)
    • 8巻
    • 615円
    二学期が始まり、近づいてくるのは智花の誕生日。日頃の感謝も込め、智花への抱える想いを伝えようとする昴なのだったが……いきなり赴任先から帰国してきた昂の父親、そして謎の銀髪バスケ少女との同居開始で、一波乱の予感が──。(「す、昴さんの……お、おうちの子に」「おにーちゃんだめっていっ...
    • (11)
    • 9巻
    • 572円
    慧心女バスの少女たち五人も楽しみにしていた修学旅行がいよいよスタート! 京都に向かう皆を送る昴……のはずが、なぜか商店街で当たったくじ引きで葵と二人きりで京都へ行くことになり──!?(「わーい。おんせん、ろてんぶろ〜♪」「そいやヒナ、また胸大きくなった?」「まさか、のぞきに来た男...
    • (9)
    • 10巻
    • 615円
    慧心学園女バス5人の少女&昴が送る熱い夏休みは、まだまだ色々なエピソードが満載ですっ!(「今の精一杯を、是非、長谷川さんに」「お洋服めくるのは本当にだめなのぉ」「あたしの大事なトコロに指入れた!」「そ、そんな恥、ずかし……ひゃんっ」「ひなも、おにーちゃんとみっちゃく」)二人の友情...
    • (14)
    • 11巻
    • 594円
    真帆のお父さんの計らいで、小さいながらも初めての大会に参加する慧心女バスの五人。気合い十分の彼女たちの前に立ちはだかるのは、五年生と昴の誕生日!?(「手作りのものって……何があるかな?」「紗季、ご指導よろしくお願いします!」「まずリボンを自分の身体に巻いて──」「すばるん。プレゼ...
    • (11)
    • 12巻
    • 637円
    公式戦に向け慧心女子バスケ部の練習メンバーも十人になったのだが、チームワークはいまだガタガタのまま全く進展を見せず。おまけに昴に対する五年生の信頼度も万全とは言えない状況で……。(「なにか変なことをされませんでしたか」「あの時、長谷川さんが手を差し伸べて」「ひな、けんかはいや。ど...
    • (8)
    • 13巻
    • 615円
    いよいよ始まったそれぞれに因縁を持つ硯谷女学園との公式試合。六年生&五年生の頑張りに硯谷も全力で向かってくる。そんな一進一退の白熱する展開の中、慧心女バスにアクシデントが発生し……。(「しっかりとあたしの役目をはたすぜ!」「ゆうじょう、ほほえみ、ふぇあぷれー」「わたしたちのバスケ...
    • (2)
    • 14巻
    • 680円
    クリスマス直前。昴に振ってきたのは、養護教諭・冬子とのお見合い騒動だった。慧心女バスメンバーと一緒に冬子の実家の温泉旅館に向かう昴だったのだが── 「ふぁう、昴さんのお顔がすぐそばまで」「ど、どうして、キ、キスしようと……」「うへへ、ぽよぽよであったいですなー」「おー、ひなもおよ...
    • (2)
    • 15巻
    • 594円
    小学生も終わりに近づいた二月。とある出会いがきっかけで、全国大会出場チームと合同合宿に挑むことになった智花たち。6年生チームと昴だけで訪れたのは四国。さっそく一緒に練習させてもらおうと思ったのだが。 「コーチさんが若いって聞いて、品定めに〜」 「手取り足取り、よろしくお願いします...
トップへ