サイト内検索

転生したらスライムだった件 シリーズ一覧

※バスケットに入る商品の数には上限があります。

※読める期間が選べる作品の場合、無期限の作品が追加されます。

新着通知設定 :
作品
新着通知管理ページ
  • 伏瀬
    • (10)
    • 1巻
    • 972円
    何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた……はずだった。ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない……。そんな状況の中、自分があの‘スライム’に転生してしまった事に気づく。最弱と名高いモンスターである事に不満を感じつつも、お気楽スライ...
    • 殿堂入り
  • 伏瀬
    • (5)
    • 2巻
    • 972円
    ゴブリン族と牙狼族の主として日々を過ごすリムルの前に、突然現れた6人の鬼族(オーガ)。 ちょっとしたいざこざの末に話を聞くと、村がオーク達の手によって殲滅させられたという。 通常であればオーク達などオーガの敵ではないはずなのに……。 一方そのころ、オーク達の進撃...
    • 殿堂入り
  • 伏瀬
    • (6)
    • 3巻
    • 972円
    オークロードとの激戦を制し、なりゆきでジュラの森大同盟の盟主となったリムルだったが、そんなことは意に介さず街造りに精を出していた。そこへドワーフ王国の王、ガゼル・ドワルゴが訪れ事態は急変する。さらには魔王の中でも別格の強さを誇る‘破壊の暴君’ミリム・ナーヴァまで現れる始末。一筋縄...
    • 殿堂入り
  • 伏瀬
    • (5)
    • 4巻
    • 972円
    魔物の主スライムのリムルは、 魔国連邦の盟主として着々と勢力を強めていた。 魔王カリオンの支配する『獣王国ユーラザニア』との国交、さらにはドワーフ王国ともより良好な関係を築き上げ、盤石の態勢を整えつつあった。 そんな折、リムルはある夢を見る。 それ...
    • 殿堂入り
  • 伏瀬
    • (6)
    • 5巻
    • 972円
    リムル不在のテンペストは、騒がしいながらも穏やかな日々が続いていた。 しかしそれは、『武装した人間の集団がテンペストへ向かっている』との奇妙な情報がもたらされた事により終わりを迎える。 重ねるようにして、友好を結ぶ獣王国ユーラザニアから、魔王ミリムに宣...
    • 殿堂入り
  • 伏瀬
    • (5)
    • 6巻
    • 972円
    魔王種へと進化を遂げたスライム――リムルの元に「魔王達の宴(ワルプルギス)」が発動されたと報せが入った。 それは10人全ての魔王が集う特別な会合。しかもその議題は魔王を僭称するリムルに処罰をというもの。 発起人は、テンペストに災いを呼び寄せた元凶「魔王...
    • 殿堂入り
  • 伏瀬
    • (6)
    • 7巻
    • 972円
    魔王クレイマンを倒し、‘八星魔王’の一柱になったスライム――リムル。 それを受け、神聖法皇国ルベリオスは揺れていた。 それはまだリムルが魔王になる前、聖騎士団長のヒナタがリムルを襲撃したことで、その報復を恐れているためだ。 そんな中、急遽...
    • 殿堂入り
  • 伏瀬
    • (3)
    • 8巻
    • 972円
    ヒナタをはじめとする聖騎士団との和解に成功した魔王なスライム――リムルは次なる仕掛けを画策する。 それは、自身の魔王襲名をお題目に、盟主を務める国、このテンペストで大規模なお祭りを開催するというもの。 最高峰のおもてなしと娯楽を提供するべく、魔王以下幹部達から、末端の...
    • 殿堂入り
  • 伏瀬
    • (4)
    • 9巻
    • 972円
    ついに始まったテンペスト開国祭。 リムルを初めとし、その配下の魔物も出し物の準備に余念がない。 コンサートに始まり、技術者垂涎の研究発表会、更には巨大アトラクションと化した巨大迷宮と、参加者が度肝を抜かれることばかり。 そしてメインイベントの闘技会では、‘勇者’...
    • 殿堂入り
  • 伏瀬
    • (1)
    • 10巻
    • 972円
    開国際も無事に終わり、リムルが次に狙うは西方協議会への加盟。 それを切っ掛けとしたさらなる経済圏の拡大だ。 しかし西方協議会の影の支配者‘強欲のスキル’を持つマリアベルは、リムルの強大な力を警戒し、手が付けられなくなる前に潰さなければならないと固く決意していた。 <...
    • 殿堂入り
トップへ