お知らせヘルプ

弔鐘はるかなり シリーズ一覧

※バスケットに入る商品の数には上限があります。

※読める期間が選べる作品の場合、無期限の作品が追加されます。

新着通知設定 :
作品
新着通知管理ページ
    • 1巻
    • 550円
    神奈川県警の刑事・梶は、同僚の吉村が惨殺され、気のいい売春婦・ミミまでが射殺されたことに怒り、復讐を誓う。麻薬密売組織の虎籐組や一竜会を叩くが、空振りに終わり、拳銃密売組織に狙いを移した。一番怪しい人物は高崎、だが彼は胆石手術で入院中だった。そのうちに、吉村の遺品を処分した者が浮...
    • 2巻
    • 550円
    梶は高崎を見つけ出したが、刑事に邪魔されて逃がしてしまった。県警は動きを潜め、麻薬取締官が多数活動し始める横浜。大事件の予感が…。高崎の帰国を知らせた、麻薬組織の大ボス・陳に会う梶。高崎の愛人・道江が殺された後、娘の明美も行方不明になっており、高崎は娘を捜していた。梶は一竜会の木...
    • 3巻
    • 550円
    虎籐組の麻薬供給源が香港ルートであり、千葉の東神会と一竜会が手を組んで他のルートを統合し、香港ルートのボス・陳を狙っていることが判明する。厚生省の取締官・藤井が捕らわれていたのを、梶が助けた。また梶の張った罠に木島が掛かり、高崎も現れて、全てを語る。陳の本名は佐藤といい、道江の父...
    • 4巻
    • 550円
    一竜会は治療した医師からの情報で、木島を拷問したのが梶だと知ったのだ。梶は彼等と通じている須藤を脅して、一竜会に手を引かせる。そして再び、一竜会と虎籐組が戦うよう仕向けた。抗争は拡大し、東神会も参入する。もう一つのルートの黒幕が、東神会のバックにいる桐島だった。明美の居場所を探り...
トップへ