サイト内検索

KEMARI(単話) シリーズ一覧

※バスケットに入る商品の数には上限があります。

※読める期間が選べる作品の場合、無期限の作品が追加されます。

新着通知設定 :
作品
新着通知管理ページ
    • 1話
    • 110円
    時は平安。宮中に陰謀渦巻く時代。大の蹴鞠好きの藤原泰申は、かつて蹴聖と呼ばれ、蹴鞠の達人だった父・成通と同様に、帝の御前で蹴鞠をすることを目標としていた。自らの秀でた技芸に驕りがある泰申はある日、大伴少納言・貴光の怒りをかってしまう。これがきっかけで、泰申は朱雀門の上で蹴鞠をする...
    • 完結
    • 2話
    • 110円
    貴光の言葉通り、朱雀門で見事な蹴鞠を披露してみせた泰申。その姿を見た業輔は、泰申に力を貸してほしいと願い出る。業輔の娘・斉子は半年の間、部屋に閉じこもり出てこないという。泰申の華麗な蹴鞠を見れば、心が晴れるのでは―という業輔の期待に対し、泰申は「私の完璧な鞠足を見れば、元気になら...
    • 完結
    • 3話
    • 110円
    蹴鞠の楽しさを斉子に教え、問題を解決した泰申。だが、斉子が引きこもっていた理由が、さらなる展開を見せることに。斉子は摂政の姫君の屋敷で、物の怪を見たという。それも自分と瓜二つの姿だったと。これを聞いた泰申は「自分と蹴鞠ができる!」と、嬉々として物の怪と対決することに。一方、藤原の...
    • 完結
    • 4話
    • 110円
    泰申の蹴鞠の噂が帝にまで届き、かつての蹴聖・成通の技芸が見たくなった帝は、鞠会を開くと言い出す。だが、成通は二度と蹴鞠はしないと言い切る。帝は成通に蹴鞠をさせた者を、次の摂政にすると発言。現摂政の藤原忠通は、成通の息子・泰申に鞠会に出るように命じる。夢がかなうと喜ぶ泰申だが、それ...
    • 完結
トップへ